買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ご当地B級グルメお取り寄せの横手やきそば秋田比内地鶏ラーメン稲庭うどん横手やきそば以外その他の麺米・昆布・その他焼きそばギフト


必須トッピングの必死な事情

必須トッピングの必死な事情

目玉焼きと福神漬の効果やいかに!?

横手やきそばの代名詞といえばこのふたつのトッピング。

上にドカンとのった目玉焼きの黄身を崩せば、あつあつの麺とソースにこっくりとからみ、口の中でまろやか甘みが広がります。目玉焼き

皿全体に卵のコクが深まったころに福神漬を合わせてほおばると、その甘辛さがまた新たな風味をかもし出します。

ひとつの皿でさまざまな味わい方を楽しめる、そこに陰の立役者ありです。


★ちょっとプチ知識
》》
なぜ紅生姜ではなく福神漬なの?

福神漬紅生姜の辛さは、油分が多い料理の口直しに向いています。ソースが皿に残るくらい汁の多い横手やきそばには油っぽさが少ないため、福神漬が合うとされてきました。またもともと子供たちのお菓子だったことから、辛味のない福神漬になったとも言われています。

カスなんて呼ばないで、その存在感にびっくり!

富士宮やきそばにかかせないのが、ラードを搾った後に残る肉カスと呼ばれると上からたっぷりとふりかける削り粉。肉かすと削り粉

この肉カス、富士宮のコシの強い麺にコクのある油分と香ばしさを与えてくれる優れモノ。

削り粉は、駿河湾で獲れる鰯や鯖が使われるのが一般的。

どちらももともとは肉やカツオが高級だった時代の代替トッピングでしたが、今その存在感たるや富士宮焼きそばのアイデンティティ!

前のページP.1P.2P.3P.4P.4P.5番外編1番外編2次のページ

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=16102&eid=29

ページトップへ