買い物カゴをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS

ご当地B級グルメお取り寄せの横手やきそば秋田比内地鶏ラーメン稲庭うどん横手やきそば以外その他の麺米・昆布・その他焼きそばギフト


宮城県亘理町に炊き出しに行ってきました/2011.5.4

先月22日、3月の釜石市に続き、

林泉堂の横手やきそば屋台カーが、宮城県亘理市に炊き出しに行ってきました。

今回店長高橋は同行できなかったため、

実際に訪れた、高橋学スタッフより報告させてもらいます。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

4月22日、2度目の炊き出しへ出発です。

一路、仙台方面へと屋台カーを走らせます。

地震被害により、高速道路もひび割れや亀裂が走り、途中何度も車がはねます。

悪路を乗り越え、海岸線に近くなると、

今度は景色が一変しました。

何度もテレビで見た映像にまちがいはないのですが、

しかし実際に目の前に広がる風景は、

「本当にここが、日本…?」

見渡す限りの汚れた茶色の更地。

水田の形や、家の敷地の跡だけを残して、全てが流されていました。

引っくり返った車や船、家の残骸も、手がつけられないまま放置されています。

車内に重い沈黙が漂います。

避難所である亘理小学校には、まだ多くの方が避難生活を余技なくされていました。

長引く避難生活に、こちらが思う以上に皆さんの疲労している様子が伝わってきます。

一緒に持っていった牛乳を見て、

「いがったぁ。牛乳は暫く飲んだことねぇ。」

という声を聞き、焼きそばだけじゃなく、牛乳も準備してよかったと思いました。

今回は夕食の時間に横手やきそばを提供させていただきました。

中には、

「パンやおにぎりは冷めてるから、今日は温かい 焼そばを食べて、おにぎりは明日の朝にする…。」

という方も。

夕方からの雨でとても寒い中にもかかわらず、

みなさん列に並びながら、前後の方々とお皿を譲りあい食べる姿に、とても心が温まりました。


“譲り合い…、助け合い…。”

被災された方々が今日、明日、

そしてこれからもずっと生きて行こうとする姿、頑張っていこうとする姿。

また明るく元気な子供たちの笑顔に、逆に勇気や元気を貰ったような1日でした。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

「ふつうの生活」を送ることがいかに、多くの犠牲と守護の元に成り立っているか…

震災後、この国ひいてはこの世界の矛盾がいたる所で噴出しているのを感じます。

今回は同行できず残念でしたが、自分の微力を認めつつ、

秋田の麺屋として、少しでも応援しつづけていけたらと思います。

コメント

[コメント記入欄はこちら]

コメントはまだありません。
名前:
URL:
コメント:
 

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=16102&eid=145

ページトップへ